2016年11月21日月曜日

モジョでは11ページのビフォー・ザ・ドーンのインタビューとケイトの表紙

Kate Bush new water shot 2016

11月22日にはケイトが表紙を飾っているモジョの最新号が発行されます。 11ページのインタビューがあります。 一連の騒ぎについて「ワクワクしますし、とても感動的です。 毎日の公演では観客の皆さんと一緒に旅をしている気分です」と 言っています。 詳しくは、モジョのサイトでご覧ください。 ケイトが水に入っている写真もフィーチャーされています。

Kate Mojo January 2017 cover

2016年11月18日金曜日

ライブDVDの発売予定は今のところ無し - Mojoのケイトインタビューより

Kate Bush on the cover of Mojo January 2017 issue 2014年にはハマースミスのイベンティム・アポロで何万人もの人が ケイトのビフォー・ザ・ドーンのコンサートを見る機会を得たのですが、 世界中では参加できなかった人がその何倍もいるわけです。 9月の2回の公演では映像が撮影されていたことは明らかになっているので、 ファンたちは毎日のようにDVDやブルーレイで公演の記録が発売されないのかと 気をもんでいます。 ケイト本人からはいままでのところ映像作品が発売されるというアナウンスは 全くされていません。 今週はじめに定期購読者に届けられた(新しいインタビューが出ている)モジョ では、ケイトのこれに対する答えが出ています 一言でいうと、DVDの発売の計画は無し、ただし将来には少しだけドアを閉じずに 可能性を残してくれているようです。

モジョ: DVDも出るんでしょうか? 撮影はされてましたよね…

ケイト: 撮影したものはありますよ。 でも、今のところDVDを出すという計画はありません。 CDのほうが、ある意味、DVDよりもあの公演に立ち会っている感じが出ると 思うんです。 ライブの現場にいると、観衆の中に自分がいて、ステージを見渡して、 自分の見たいところを見て、というようなことは映像だとぜんぜん違います。

モジョ: 確かに視覚的にもすごくて、それだけでも幸せでした。 それが見られないのは残念です。

ケイト: 分かりませんが、いつか何らかの形であるかもしれません。 今のところは計画は無いというのは確かです。 前を向いて何か新しいことをやっていきたいというように思っています。 今やりたいのは、とにかく(長くためて)新しいこと!(笑)

モジョ: まだ何かは?

ケイト: (断固として) 分かりません。

11ページのインタビューが入っているモジョは11月22日に発売で、 注文の方法など詳しくは、 モジョのサイト で見てください。

羊の夢のシングルがBBCラジオ2でオンエアされiTunesでダウンロード開始

And Dream of Sheep radio premiere

BBCラジオ2のケン・ブルースは今朝、 2014年のライブからケイトのシングル曲羊の夢を掛けました。 この前には日曜日に流れる予定のBBC6ミュージックでのケイトのインタビューの 一部も放送されました。 その中でケイトは、観客からの素晴らしい反応について話しています。 波の音や点滅する遭難灯の中で、ケイトはナインス・ウェイブの主人公の置かれた 絶望的で孤独な状況を、震えるほど美しいパフォーマンスで表現しています。 実に素晴らしくて、ネットでもたくさんのファンがこの曲を聞いた感動を ポストしています。 先行してリリースされたキング・オブ・ザ・マウンテンに並んで、 この曲もiTunesで世界中でダウンロードできるようになりました。

2016年11月17日木曜日

ガーディアンはビフォー・ザ・ドーンのアルバムに星4つと アルバム・オブ・ザ・ウィークの評価

レビュー用のディスクが配られるようになり、 ガーディアン紙からはビフォー・ザ・ドーンも 4つ星のレビューが出ました。 ケイトのライブアルバムをアルバム・オブ・ザ・ウィークに 選んだアレクシス・ペトリディスは、 このように書いています:
「…さいきんのライブアルバムには珍しく、 まさにバンドがライブでやっているように聞こえます。 ボーカルは摩擦音が勝っていてエコーっぽくブーミーな感じで、 ちょっと揺らぐところもあります。 オーバーダブやオートチューンで生気を抜かれた音とは違います。 参加しているミュージシャンの名前を見ただけで、 腕利きだということはよく分かりますが、 それよりも驚きなのは、ケイトが夢見るようなふわっとした曲を やっているときでも、ぐいぐいと前に進めていくようなドライブを 持っていることです。 このバンドサウンドはブッシュの声によってさらに高められ、 夢のようなかたちに作られているのです。」 詳しくはガーディアンのサイトでご覧ください。

Kate live

アメリカのKEXPがビフォー・ザ・ドーンから5曲を 世界初のエアプレイ

KEXP logo USAはシアトルのラジオ局KEXPが今朝、DJエル・トロの番組で ビフォー・ザ・ドーンから5曲をエアプレイしました! これは全く予想もしていませんでしたので、ちょっとした驚きでした。 プレイされたのは、リリートップ・オブ・ザ・シティ魔女建築家の夢クラウドバスティングの5曲、どれも世界初でした。 そして、どの曲もすごい! これはKEXPがやってくれました! こちらのリンクから追っかけで聞くことができます。

エル・トロさんのブログには、こうあります。 じつはこれは自身の最後の番組になるということです。 「KEXPでのいい思い出といえば? いままでずっと通して、正直に言えば、 マスコミ嫌いで有名なケイト・ブッシュに2011のアルバム 雪のための50の言葉のころにインタビューできたことですね。 なので、最後のKEXPでの番組で半時間かけて 彼女の新作 ビフォー・ザ・ドーンから曲をかけるのは、 とても自然な流れだということなんです。」

2016年11月15日火曜日

羊の夢(2914年版)が金曜日にシングルリリース!

And Dream of Sheep

本日、「羊の夢」がシングルとして11月18日にリリースされると ケイトから発表がありました。ダウンロードは金曜日の朝11:30から可能です。 2014のコンサートに行った人は、 この名曲に乗せてケイトの感情のこもったボーカルが 聞こえてきた時の胸を締め付けられるような感覚を 思い出すことでしょう。 冒頭のlittle light で始まるこのボーカルは実際にケイトがライフジャケットを着て水に浮かんだ状態で 録音されたのです。 ケイトのサイトより: 「この曲の主人公は海に投げ出されているのですが、ケイトはこのボーカルを パインウッドスタジオのタンクの中で映像を撮りながらライブで歌いました。 この曲は、11月25日発売の「ビフォー・ザ・ドーン~夜明け前」を予約した人は 無料でダウンロードできるようになります。」 羊の夢は、キング・オブ・ザ・マウンテン、プロローグと並んで、 ビフォー・ザ・ドーンのトラックの中で全部を聞くことができる3曲目の曲となりました。

ケイトのサイトではまた、来週の日曜日の11月20日のBBC ラジオ6を 忘れないように、と書いています。 1時間にわたるインタビュー(午後1時)に続いて、ライブでのナインス・ウェイブのパート全曲がかかる予定 (午後6時)です。 BBCラジオの番組については、こちらに詳しく出ていますので ご覧ください。 ケイトファンにとってはたまらない日になります!

2016年11月11日金曜日

スウェーデンのメゾソプラノ、アン・ゾフィー・フォン・オッターが 「π」を新録音

スウェーデンのメゾソプラノ、アン・ゾフィー・フォン・オッター の先週発売されたニューアルバム、「ソー・メニー・シングス」の1曲目は、 ボーカルと弦楽四重奏のためにアレンジされたケイトの曲πが 収められています。 情報はクリス・バトラーさんから。 下はコンサートでの様子です: